車の所有者が変わった場合

2014年9月8日 / 未分類

自動車保険について、自賠責も任意保険も原則所有者が変更となった場合には、その旨を連絡する必要があります。たとえば交通事故によらず病気などで死去した場合には相続という話になりますが、この場合でも相続人が誰なのかなど手続きをしておく必要があります。
相続以外でも第3者に名義が変わった場合、また自動車を乗り換えた場合などでも連絡が必要です。そもそも新しい自動車での保険の適用を受けなければならず、新しい車種などの連絡を始めとして同乗者に対して保険適用をどうするのかなども改めて確認がなされたりします。
車検証の記載内容が変われば必ず届出が必要であるという認識を持っていれば、大抵の場合届出忘れなどは起きえないでしょうが、万が一忘れていた場合には、保険の適用を受けないといけない場合つまり交通事故が起きてしまった場合に、いざというときの保証が受けられない可能性があります。そのためにも車検証の内容が変われば速やかに届け出るなどの対応が必要です。}PgžxQ
中には、改めての変更の届け出が必要ないケースもあります。それは通常加入者側では分からないケースなので、まずは保険会社に車検証の内容が変更になる旨を伝えてどうすればよいかを連絡して聞く必要があります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る