契約中の変更時に必要な書類

2014年9月8日 / 未分類

自動車保険を契約している最中であっても、契約者側のさまざまな事情によって、当初契約した内容の一部を変更しなければならない場合があります。こうした契約変更の場合の手続きについては、契約内容のどの部分を変更するのかによって、必要書類などもそれぞれ異なっています。

 

子供02
転居による一般的な住所の変更のみであれば、通常はカスタマーサービスに申し出をすれば、特に書類なしでも手続きが可能です。インターネットを通じて専用フォームに新旧住所を入力するだけで手続きが完了するといったサービスを行っている保険会社もあります。代理店での契約では印鑑を求められる場合もあります。

 
特約などで制限された運転する人の範囲や年齢などの条件を変更する場合については、契約中の保険証券が必要となります。この場合は補償内容が変わることに伴って保険料も増減することになりますので、差額の支払いを求められることがあります。

 
契約中に新しい車に買い替えをしたときについては、新しい車のナンバーや型式などを確認する必要があるため、新しい車の車検証と、現在契約中の保険証券が必要となります。

 
廃車や譲渡、海外赴任などで自動車保険を中断する場合については、保険会社が確認の上「中断証明書」を発行しますので、廃車や譲渡が証明できる抹消登録などの書類と、旧契約の保険証券が必要となります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る